紫外線と茶品質関連成分との関係解明

紫外線と茶品質関連成分との関係解明

県名京都府
研究機関名京都府農林水産技術センター農林センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:茶樹が受ける紫外線と茶葉の品質関連成分との関係を明らかにし、被覆開始時期や摘採適期等について、紫外線を指標とした、より精密な高品質茶栽培管理をもって被覆茶の品質向上に寄与することを目的とする。、計画:(1)紫外線の強さと品質関連成分との関連調査 (2)紫外線の受光期間と品質関連成分との関連調査、成果:(1)紫外線は茶の品質関連成分含量に影響を及ぼすため、被覆栽培においては紫外線を除去することで品質向上が可能であると考えられた。 (2)被覆栽培においては、被覆開始までに受けた紫外線により、品質関連成分含量に影響を及ぼす可能性があると考えられた。
研究分担宇治茶部
予算区分府単
業績(1)碾茶の茎の食品利用と機能性について
(2)食品素材としての緑茶(宇治茶)について
(3)碾茶・玉露の生産技術と品質鑑定
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159193
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat