沿岸育成場を利用したキジハタ、オニオコゼの資源増殖技術の開発

沿岸育成場を利用したキジハタ、オニオコゼの資源増殖技術の開発

県名大阪府
研究機関名大阪府環境農林水産総合研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜24
年度2009
概要岩礁域で生育するキジハタを人工育成礁の増殖効果指標,藻場・干潟で生育するオニオコゼを藻場の増殖効果指標とし,育成場の有無あるいは質を比較要素とした稚魚の比較放流試験を実施する。各放流群の初期生残率の差を反映する放流魚の回収率を標本調査と市場調査により定量推定・比較し,最適放流条件の把握と育成場の増殖効果評価を同時に行う。並行して2種の集団構造を把握し,遺伝的リスクに配慮した放流方法を提案する。
研究分担水産研究部・海域調査G
予算区分受託、(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159303
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat