携帯式作物生育情報測定装置による水稲生育診断技術の確立

携帯式作物生育情報測定装置による水稲生育診断技術の確立

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:地域差や年次変動を考慮した生育診断技術に基づいて、収量水準の高位化を図るための追肥量決定方法の適応性を調査する。、成果:穂数を確保して収量水準の向上を図るために、移植後2〜4週間経過した時点で測定し、低位圃場を選定して追肥した。その結果、36〜147g/m2の増収により、550g/m2以上の収量水準が確保できた。
研究分担農産園芸部
予算区分受託(独立行政法人)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159350
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat