キャベツ大玉系品種を利用した業務用低コスト安定供給技術の開発

キャベツ大玉系品種を利用した業務用低コスト安定供給技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2009
概要目的:業務用に適する大玉系キャベツ品種を選定し、10月から翌年6月まで大玉の安定した出荷を図る。また、収穫から流通まで大型コンテナを利用し一斉収穫を行い、低コスト生産、流通体系を構築する。、成果:加工・業務用大玉栽培における結球重の斉一性の向上には、定植初期の灌水が重要であり、子葉展開時の苗選別や定植直前の液肥浸漬も有効である。5月どり越冬作型寒玉系の腋芽発生は、「さつき女王」「さつき玉」で少なかった。冬どりにおけるジシアン燐硝安加里による全層施肥では、表層2割減区が全層標準区と同等の生育であったことから、全層施肥に比べて表層施肥が優れている。表層施肥での施肥量2割減による結球重の減少は約5%であり、表層施肥によって減肥が可能であると考えられた。刈取ったキャベツの大型コンテナ搬出には、3時間/4人/10aを要した。折り畳みコンテナの詰め替え能率は調製ラインを2列とすることで、1列に比べ1.8倍に高まる。、
研究分担農産園芸部
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)秋まき5月どりキャベツの品種およびべたがけが腋芽の発生に及ぼす影響
(2)加工・業務用キャベツ大玉栽培による低コスト化
(3)加工用・業務用大玉キャベツの品種選定と収穫機関延長技術の開発
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159351
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat