生物農薬の簡便で効果の高い施用法の開発

生物農薬の簡便で効果の高い施用法の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間H19-21
年度2009
概要目的:病原菌に拮抗作用をもつ細菌を生きた状態で種子にコーティングし、病害防除と環境保全の両立できる生物農薬の施用技術を開発する。成果:イネ、トマトコーティング種子作成
研究分担環境・病害虫部、 、
予算区分国庫
業績(1)長期残効型薬剤によるレタス害虫の防除
(2)亜リン酸液肥及び固形肥料のレタスべと病に対する作用
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159368
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat