レタスを基幹とした多毛作における持続的安定生産技術の確立

レタスを基幹とした多毛作における持続的安定生産技術の確立

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:多発する連作障害に対して、複合抵抗性(レタスビッグベイン病+べと病抵抗性)品種や輪作作物の導入などの耕種的な手法を主体にして安全で持続的な生産技術を確立し、全国屈指のレタス大産地の維持を図る。、成果:ビッグベイン病とべと病抵抗性を有する品種でも強度の汚染圃場では高い発病株率を示した。中程度の汚染圃場では秋作にキャベツを作付けると発病は軽減された。
研究分担淡路・農業部
予算区分県単
業績(1)亜リン酸液肥及び固形肥料のレタスべと病に対する作用
(2)育苗ハウスでのレタスべと病に対する家庭用除湿機の防除効果
(3)長期残効型薬剤によるレタス害虫の防除
(4)抵抗性品種を組み合わせたレタスビッグベイン病防除技術の体系化
(5)レタスべと病 亜りん酸肥料の苗床施肥で抑えられる
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159412
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat