松くい虫抵抗性アカマツを利用した環境に優しいマツ林再生技術の開発

松くい虫抵抗性アカマツを利用した環境に優しいマツ林再生技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H18〜22)
年度2009
概要目的:抵抗性アカマツ採種園構成クローンについて系統ごとの抵抗性強度を評価し、採種園の充実を図る。抵抗性の簡易検定法の開発、植栽木の生育状況調査を実施する。 成果:県下各地から集めた線虫のうち最も病原性の高かった線虫を用いて、抵抗性アカマツ採種園の母樹別実生2年生苗を対象に接種試験を行った結果、接種5週間後の枯損率においてアカマツ系統間に差が認められ、抵抗性強度ランキングが判明した。
研究分担資源
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159433
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat