播磨灘におけるウチムラサキの増殖によるノリ色落ち対策技術の開発

播磨灘におけるウチムラサキの増殖によるノリ色落ち対策技術の開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜23
年度2009
概要 ウチムラサキはかつて東播磨海域に大量に生息していたが、近年は資源量が激減した二枚貝である。この貝は濾過食性のベントスとして珪藻類を捕食するとともに、養殖のりの栄養となる窒素・燐を排出するため、漁場環境の維持に重要な役割を果たしている。このウチムラサキ資源の回復と、この資源を利用した漁場環境の再生を目的として、ウチムラサキの生態を明らかにし、生息適地調査、分布調査を実施するとともに、種苗量産技術および中間育成技術を開発する。
予算区分受託(水産庁)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159463
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat