海洋環境がサワラの分布・回遊に与える影響の解明と利用技術開発

海洋環境がサワラの分布・回遊に与える影響の解明と利用技術開発

県名兵庫県
研究機関名兵庫県農林水産技術総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21-23
年度2009
概要目的:サワラの回遊生態等漁業生物学的知見の蓄積、生態の変化と海洋環境との関係解明、付加価値向上に関する流通・加工技術の開発等を通じて、漁業経営の安定化を図る。、成果:(1)周年を通した月別のサワラの漁獲量と体長組成を明らかにした。(2)兵庫県で漁獲されるサワラの大部分が当歳魚であることが明らかとなった。(3)日本海産のサワラ・サゴシについて栄養成分を比較した結果、大きさ、部位によって脂肪分とエネルギーの値が異なるがその他の栄養成分について差は認められなかった。(4)市販の魚類割截機を、体高8cmまでのサゴシを背開き、腹開き、3枚おろしにでき、1分間で約100尾の処理が可能な割截機(M-SU2A型)に改造した。、
研究分担但馬水産技術センター・、北部農業技術センター農業・加工流通部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159484
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat