農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発

農業に有用な生物多様性の指標及び評価手法の開発

県名奈良県
研究機関名奈良県農業総合センター
課題種別試験研究課題
研究期間[継]H20〜24
年度2009
概要農業が自然循環機能に及ぼす影響については、これまで定量的な評価が行われていない。そこで、農薬などの管理方法が異なるネギ栽培において、害虫や天敵、その他の生物種の発生動態を比較し、農薬散布や除草などの圃場管理方法の影響を受けやすい生物種を明らかにすることで、環境保全型管理圃場において特徴的に現れる指標生物種を探索・発見する。
研究分担環境・安全担当(虫害防除)
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)管理方法が異なるネギ圃場でのカブリダニ類の発生状況
(2)奈良県の露地ネギ圃場に発生する捕食寄生蜂の多様性
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159509
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat