EGF添加による胚盤胞発生率改善試験

EGF添加による胚盤胞発生率改善試験

県名奈良県
研究機関名奈良県畜産技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H18〜21
年度2009
概要優良雌牛由来胚を年間を通して効率的、安定的に生産することを目的とし、OPUまたは食肉処理場由来卵巣から採取した卵母細胞を用い、表皮細胞増殖因子(以下:EGF)添加により胚盤胞発生率は改善されたが、孵化率が低下した。そこで今年度は、発生率は高水準に保ちながら孵化率向上について検討した。結果、Day6からのグルコース添加が有効であった。、
研究分担研究開発第二課
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159558
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat