湖山池塩分濃度導入に係る水稲への影響に関する調査

湖山池塩分濃度導入に係る水稲への影響に関する調査

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的: 塩分濃度が水稲等の生育・収量に与える影響を把握する。併せて現地の水質および水稲生育に関する調査を実施する。、成果: (1)ポット試験の結果、500ppm以上で、生育、収量への影響がみられた。(2)現状の塩分管理の下では、現地ほ場の水稲の生育及び収量に塩分による影響及びほ場への塩類集積はみられなかった。(3)試験実施状況の公開や試験結果の速やかな説明により、地元の農業者及び漁業者、地元大学の水稲への塩分の影響に対する理解が深まった。
研究分担環境研究室
予算区分国庫補助
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159655
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat