ガラス化保存による牛性判別胚の簡易融解技術の確立

ガラス化保存による牛性判別胚の簡易融解技術の確立

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜22
年度2009
概要目的:ガラス化保存した牛性判別胚を簡易に融解・移植できる技術を開発し、農家現場での普及を図る。 成果:EFSを用いたガラス化性判別胚の移植試験で思うように受胎例が得られなかったため、切断する胚の発育段階を変えるなどいくつかの改善策を試みた。その結果、胚の融解後における生存性が以前より良好となり、移植試験での受胎例もみられる様になった。、今後は改善した方法で移植試験を行い、実用的な受胎率が得られるか調査する。
研究分担肉用牛研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159688
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat