食品残さを利用した低コスト化飼料給与試験

食品残さを利用した低コスト化飼料給与試験

県名鳥取県
研究機関名鳥取県農林総合研究所中小家畜試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完20〜21
年度2009
概要目的:飼料費が高騰しており、農家の経営を圧迫している。そこで、低コストを目的に食品製造工場からの残さを飼料化し、豚に給与することで低コスト効果及び肉質に与える効果を検証する。、成果:通常飼料に食品残さを添加(重量比30%)し、肥育前期に給与したところ、肉質は通常飼料を給与したものと遜色なく、コストは食品残さを利用した方が低減した。
研究分担養豚研究室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159705
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat