施設園芸における島根型燃料節減技術の確立、2 変夜温暖房の改良

施設園芸における島根型燃料節減技術の確立、2 変夜温暖房の改良

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新、H21〜23
年度2009
概要 変夜温暖房による燃料節減効果を高めるため、イチゴ‘紅ほっぺ’において同化物の転流時刻を13Cトレーサ法により調査した(島根大学との共同研究)。その結果、9〜10時に蓄積した葉の同化物は、果実に対して、8時間後の18時には24時間後の約75%が転流していた。以上の結果、昼間の転流は非常に多く、昼間に注目した温度管理が必要と思われた。
研究分担栽培研究部 野菜グループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159789
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat