施設園芸における島根型燃料節減技術の確立、2 変夜温暖房の改良

施設園芸における島根型燃料節減技術の確立、2 変夜温暖房の改良

県名島根県
研究機関名島根県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新、H21〜23
年度2009
概要 通常の夜温管理(恒温管理)に比較し、植物の生育促進効果と省エネルギーが期待できるEOD-Heating反応(日没後昇温反応)を利用したシクラメンの夜温管理について検討を行った。その結果、シクラメンは夜温が高いほど早く開花する傾向があり、夜温15℃一定加温した場合が一番早く開花した。20℃4時間加温のEOD-Heating処理も15℃一定加温に比べ若干開花が遅れるが加温用電力消費量が少ないことから、省力化が可能であると考えられた。
研究分担栽培研究部 花きグループ
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159805
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat