ITを活用した発情検知システムの開発

ITを活用した発情検知システムの開発

県名岡山県
研究機関名岡山県総合畜産センター
課題種別試験研究課題
研究期間継、H18〜21
年度2009
概要 岡山和牛繁殖雌牛の1年1産を実現するための手法としてITを活用した安価な発情分娩検知システムを検討した。(1)新センサーの開発・改良、同期化による発情6回、自然発情4回の計10回の発情データについて分析を行った。血中ホルモン動態は4回の発情中3回センサーデータと一致がみられた。(2)高度ネットワークに向けた現地実証試験、新見市哲多和牛牧場において分娩検知の現地実証試験を実施した。1時間に14回転以上で通知設定したところ、6頭中5頭で分娩を検知した。(3)分娩検知試験、19頭の分娩で試験を実施した。1時間に14回転以上で通知設定したところ、分娩発見率は100%となったが、誤報率も高い割合を示した。飼料給与時間に誤報がみられることが多かった。
研究分担和牛改良部生産技術科
予算区分県単
業績(1)センシング技術を応用した黒毛和種雌牛の分娩予知技術の検討
(2)センサーによる発情検出システムの検討
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030159979
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat