固化セル成型苗を用いた若苗移植によるパンジーの開花促進技術の可能性調査

固化セル成型苗を用いた若苗移植によるパンジーの開花促進技術の可能性調査

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要固化セル成型培地を用いて,パンジー‘LRオトノパープル’の移植葉齢を子葉展開時,本葉1枚,2枚および3枚の4水準で,慣行は本葉3枚でポットへ移植を行なうと,播種日が8月5日〜20日の範囲では,移植葉齢を子葉展開時とすることで,到花日数が慣行と比べて16〜22日短縮され,10月開花で高品質な苗を生産することが明らかとなった。また,パンジーの発芽率は,固化セル成型培地を用いても慣行培地と同等であった。
研究分担栽培技術
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160024
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat