新微生物機能によるナス科果菜のネコブセンチュウ防除技術の開発

新微生物機能によるナス科果菜のネコブセンチュウ防除技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜23
年度2009
概要 トマト苗の本葉1葉期にMMMoVを接種し,定植2日後に非病原性フザリウム三重株を接種し栽培すると,ポット試験では,線虫密度が抑制され,圃場試験でもネコブ着生数の抑制効果が認められた。このため,MMMoVと非病原性フザリウム三重株の組み合わせは線虫被害を抑制する可能性があり,線虫の増殖に何らかの影響を与えていると考えられた。
研究分担生産環境
予算区分受託(独法)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160053
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat