木材への新たな薬剤注入処理技術の開発

木材への新たな薬剤注入処理技術の開発

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所林業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H21
年度2009
概要[目的]、 木材への薬剤注入量を増加させるドリルインサイジング技術における,板材への連続式穴あけ加工機械の開発を目的とする。また,インサイジング処理を行った木材を用いて加圧注入実験を行い,薬剤の注入量と注入時間の関係を明らかにする。、[研究の内容及び成果]、(1)スギ心材ではインサイジングの処理の有無による薬剤の加圧注入量の明確な違いは表れなかったが,スギ辺材ではドリルインサイジングによる薬剤の加圧注入量の増加が確認された。、(2)ドリルインサイジング処理したスギ辺材と処理していないスギ辺材の加圧注入時間と注入量の関係が大まかに求められた。
研究分担林業研究部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160087
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat