最適放流手法を用いたトラフグ資源への添加技術の高度化

最適放流手法を用いたトラフグ資源への添加技術の高度化

県名広島県
研究機関名広島県立総合技術研究所水産海洋技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継(H18〜22)
年度2009
概要東シナ海のトラフグ資源の回復手法を確立するために,種苗の一斉放流による回収場所,産卵回帰を調査する。、○計画、(1)産卵場周辺域における当歳魚の放流効果の把握(2)産卵回帰、○期待される成果、東シナ海のフグ資源にどこの産卵場が貢献しているか定量的に明らかになる
研究分担水産研究部
予算区分受託(長崎県)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160091
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat