集落営農組織の経営安定に向けた診断指標の策定

集落営農組織の経営安定に向けた診断指標の策定

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19-21
年度2009
概要○目的:集落営農組織の経営管理に活用できる経営診断指標・活用方法を開発 ○成果等:集落営農法人の経営指標の一般化と部門分析ツールの策定を行った。経営指標の現地適応性の検証を実施した。集落営農法人の経営安定、発展上の課題と対策の解明・フェイスマーク分析により、集落営農法人を5類型に分類した。 ・フェイスマーク分析で上位の類型にある3法人を対象に、複合化及び多角化による経営発展過程の特性及び所得拡大効果を明らかにした。 、
研究分担本部
予算区分都道府県単
業績(1)ガラス化保存法を用いたウシ低ランク胚の生産性向上技術の確立
(2)ガラス化保存したウシ性判別胚のストロー内希釈法による移植試験
(3)海岸部の保安林に関する調査
(4)海岸部保安林に関する調査【更新保育関係】
(5)海岸部保安林に関する調査【病害虫関係】
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160105
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat