トマト黄化葉巻病を媒介するコナジラミ類の発生拡大防止と防除対策の確立

トマト黄化葉巻病を媒介するコナジラミ類の発生拡大防止と防除対策の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19-21
年度2009
概要○目的:トマト黄化葉巻病ウイルスを媒介するタバココナジラミ類に対し、山口県に適合した効率的な防除体系を確立、○成果等:コナジラミ類の発生分布及び飛来時期の確認を実施。、物理的防除、化学的防除、生物的防除を組み合わせた防除技術の確立。、総合防除体系の確立(IPM実践指針の実施状況調査を踏まえ、多様な作型が混在する山口県の産地に適応した被害防止マニュアル(防虫ネット設置、薬剤防除体系[化学・生物農薬]、残渣処理等)を作成するため、実証試験を実施中である。、
研究分担農業技術部
予算区分国庫補助(農水)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160121
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat