新品種の導入と正品率の向上による高収益型カンキツ生産体系の確立

新品種の導入と正品率の向上による高収益型カンキツ生産体系の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20-24
年度2009
概要○目的:「せとみ」の高品質安定生産栽培技術を開発し、更なる栽培面積の拡大を図ることで、多くの需要に対する安定供給を可能にする。、○概要:過乾燥防止技術の開発による減酸対策や反射シート被覆等による着色不良果対策を行い果実品質向上を図る。誘引を中心とした枝梢管理の開発、施肥方法の改善および冬季の寒害対策により安定生産を実現する。、
研究分担農業技術部
予算区分受託
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160147
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat