寡日照地域におけるキク無側枝性品種の栽培技術の確立

寡日照地域におけるキク無側枝性品種の栽培技術の確立

県名山口県
研究機関名山口県農林総合技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間完H19-21
年度2009
概要○目的:育成地より日照量の少ない地域における無側枝性白輪ギクの特性把握と栽培技術の確立 ○成果等:寡日照条件での無側枝性の発現特性を調査中、遮光の影響を確認した。定植から電照消灯までの間に、高温に遭遇する時間が長い作型において側枝の発生は少ない。、日中温度の影響を確認した。、無側枝性品種比較(本県における無側枝性品種4品種の生育特性が把握できた。‘新神’、‘新神2’及び‘精興の誠’の高温処理は、慣行栽培と比較して側枝の発生を抑える。、
研究分担農業技術部
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160156
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat