夏秋イチゴ炭疽病抵抗性品種の育成

夏秋イチゴ炭疽病抵抗性品種の育成

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター農業研究所
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要本県の夏秋イチゴは、夏の冷涼な気象条件を活かして高標高地域で栽培しており西日本一の産地である。しかし、温暖化等の影響により高標高地域においても夏場は高温となり連作も伴って昔に比べて病害が発生しやすく特にその中で最重要病害である炭疽病による被害が大きく深刻となっている。現在普及している品種は、炭疽病に弱い品種が多く有効な対策も少ない。そこで、産地の支援策として炭疽病等の病害に抵抗性が高く果実品質に優れる品種を育成し産地強化を図る。
研究分担中山間
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160280
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat