地球温暖化に対応した高糖系温州の新しい隔年交互結実栽培の再構築

地球温暖化に対応した高糖系温州の新しい隔年交互結実栽培の再構築

県名徳島県
研究機関名徳島県立農林水産総合技術支援センター果樹研究所
課題種別試験研究課題
研究期間新H22〜24
年度2009
概要目的:本県の主力品種の「十万温州」は近年の温暖化により品質低下が見られている。隔年交互結実栽培はマルチとの組合せで高品質化が図られるが、樹勢低下により生産が安定しない問題がある。このため、樹勢を維持しながら早期にマルチすることで高品質果実を安定生産する栽培技術を構築する。、方法:遊休年の樹(結実させない樹)に秋冬剪定を行い、開花とともに新梢を発生させる。、期待される成果:温暖化条件下でも、高品質果実の安定生産が可能となる。
研究分担常緑栽培育種
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160340
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat