レタス栽培の高品質化に向けた省力高精度作業体系の開発

レタス栽培の高品質化に向けた省力高精度作業体系の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H17〜21
年度2009
概要【目的】、レタス栽培における作業については手作業を中心とする作業が多く、労働生産性が低いため、高品質化に向けた省力高精度機械化作業体系を開発する。、【試験概要】、1)事前耕耘の方法と逆転耕耘畝立て(耕深と回数)が砕土率、収量に及ぼす影響について検討した。また、事前耕耘の回数と逆転耕耘ピッチがレタス収量にぼす影響について検討した。さらに、事前耕耘を行わない場合の逆転耕耘ピッチと砕土率の関係を調査した。、2)軽量型支柱打込み装置の作業能率の向上を図った。、3)簡易なトンネル開閉装置を利用して換気方法(換気開口率)とレタスの生育収量について調査した。
研究分担企画・営農
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160438
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat