2種生物資材の有効活用によるキュウリ黄化えそ病防除技術の開発

2種生物資材の有効活用によるキュウリ黄化えそ病防除技術の開発

県名香川県
研究機関名香川県農業試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要【目的】、キュウリ黄化えそ病に対して、新しい2種の生物資材(弱毒ウイルス及び天敵)の開発及び実用化を図るとともに、既存防除技術との組み合わせによる防除技術を開発する。また病原ウイルスMYSVと媒介虫ミナミキイロアザミウマの発生動態等の特性を解明し、発病リスク評価にもとづいた防除体系を確立する。、【試験概要】、1)発病地における媒介虫の発生動向の把握するため、媒介虫放飼による移動分散能力の測定試験を行った。また、媒介虫ミナミキイロアザミウマの薬剤感受性スペクトルを調査した。、2)小型紙製天敵増殖装置または大型発泡スチロール製天敵増殖装置を設置することによる媒介虫成虫密度の抑制効果を確認した。また、天敵増殖装置と防虫ネット及び光乱反射シート併用による媒介虫密度抑制効果を確認した。
研究分担病害虫防除所
予算区分受託(独立行政法人)
業績(1)各種物理防除資材のミナミキイロアザミウマに対する効果
(2)施設キュウリにおける光乱反射シート併用衝立式ネットによる数種害虫及びキュウリ黄化えそ病に対する防除効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160484
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat