ハナニラの栽培技術の確立

ハナニラの栽培技術の確立

県名高知県
研究機関名高知県農業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:ハナニラは高知県が推進する有望な12品目の一つに選定され、現地で試験栽培が行われているが、葉ニラのように高収量を上げる安定生産技術が確立されていない。そこで、県内農家が育成した有望品種‘マルイチポール’の品種の特性や栽培技術を明らかにして、目標収量3.0t/10aを達成できる技術を確立する。、成果:植付け深さを5cmから10cmに深植えにすると、出蕾は遅れ、分げつ数も抑制され9〜11月の収量は少なくなったが、11月以降の5cm区でみられた倒伏はなく、花茎も湾曲することなく良品であった。また、深植え10cm栽培条件下での1月末までの収量は、1株当たり4本植えより6本植え、a当たり600株植えより800株植えで高かった。
研究分担山間試験室
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160723
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat