シキミのフシダニ被害の防除技術に関する研究

シキミのフシダニ被害の防除技術に関する研究

県名高知県
研究機関名高知県立森林技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:シキミ栽培は中山間農林家にとって重要な現金収入源となっているが、数年前から、旧葉にモザイク状に濃緑色の斑点が生じるフシダニによる被害が各地でみられるようになり、その被害葉は商品とならず、生産者にとって大きな損失となっている。そこで、フシダニ被害について、県下全域で発生環境(地理的分布・栽培環境等)を調査するとともに、県内数ヶ所において試験地を設定して発生時期および防除方法について調査・解析を行い、効果的な防除方法の確立を図る。、成果:(1)県内4か所のシキミ栽培地において4月〜11月の間に月2回の調査を行い、各調査地から10枝採取し、各枝から旧葉と新葉5枚ずつについて、顕微鏡で葉面にみられるフシダニの発生数を確認した結果、紡錘型で黄色のフシダニ(以下A)とくさび型でオレンジのフシダニ(以下B)の2 種類が確認された。Aは各調査地でみられ、静岡県など他県でもみられている種と似ていた。Bは津野町や大豊町で多くみられるものの他の調査地ではあまりみられなかった。発生消長は、4月より発生がみられ、津野町調査地では4月と9月に確認数が多く、二山型のピークを示した。他の3ヶ所の調査地では6〜7月にピークを示す傾向がみられた。、
研究分担森 林、経営課
予算区分県 単
業績(1)シキミのフシダニ被害について
(2)シキミ葉上でみられるフシダニについて
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160769
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat