赤潮等発生監視調査

赤潮等発生監視調査

県名高知県
研究機関名高知県水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H16〜
年度2009
概要 有害赤潮による漁業被害と貝毒原因プランクトンによる食中毒事故を防止するため、浦ノ内湾、野見湾、浦戸湾ほかの海域で有害・有毒プランクトンのモニタリングと情報提供を漁業指導所等と協力して行う。モニタリングの継続により赤潮発生の初期から漁業関係者への注意喚起が可能となり、漁業被害の軽減に役立っている。また、貝毒プランクトンのモニタリング調査を開始して以降、県内では二枚貝類の毒化による食中毒事故は1件も発生していない。
研究分担増養殖環境課
予算区分県単
業績(1)赤潮等発生監視調査事業
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160795
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat