環境共生型新規廃水処理システムの開発

環境共生型新規廃水処理システムの開発

県名高知県
研究機関名高知県工業技術センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要・セルロースを保持材としてアミノ基を有する樹脂の合成方法を確立した。、・この樹脂はオキソ酸イオンを選択的に吸着する特長が確認された。、・この樹脂で廃水中のリンを除去する廃水処理プラントを試作した。、・従来の合成方法で必要であった有機溶媒や触媒(セリウム)が不要となり、合成コスト処理時間が低減した。、・環境保全を目的とする浄化システムでは、実際の生活排水中のリンの浄化結果を得たが(0.22ppm→0.008ppm:湖沼環境基準類型I(基準値15ppb))、共存物質の影響が大きく、吸着性の持続時間が予定の1/10以下となり実用レベルに至っていない。
研究分担資源環境課
予算区分受託(民間・独立行政法人)
業績(1)環境共生型新規廃水処理システムの開発
(2)天然繊維をベースとした六価クロム捕集材
(3)水中の六価クロムを効率的に除去する方法
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160813
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat