環境に優しい果樹の総合的病害虫管理技術の確立、1)殺虫剤の樹幹処理による果樹害虫防除法の開発

環境に優しい果樹の総合的病害虫管理技術の確立、1)殺虫剤の樹幹処理による果樹害虫防除法の開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:各種果樹の害虫に対する樹幹処理法の効果を明らかにする。 成果:カキでは現地で広く用いられている水圧式粗皮削り機を用いた粗皮削りでもフジコナカイガラムシに高い効果があることを明らかにした。ブドウでは立花町の現地ほ場においてクビアカスカシバに対する防除試験を実施し、被害抑制効果を明らかにした。キウイでは立花町の現地ほ場においてキクビスカシバに対する防除試験を実施し、防除効果を認めた。
研究分担病害虫部
予算区分県単
業績(1)ブドウの害虫に対する浸透移行性殺虫剤の樹幹塗布による防除効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160862
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat