IPM(総合的病害虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立、2)促成イチゴの育苗期における土着天敵を高度活用したIPM体系の確立

IPM(総合的病害虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立、2)促成イチゴの育苗期における土着天敵を高度活用したIPM体系の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜23
年度2009
概要目的:育苗期における土着天敵の高度利用により、本ぽまで一貫したイチゴのIPM体系を確立する。 成果:場内の4ヶ所で天敵相を調査しハダニ類の天敵ではケナガカブリダニ、ハダニタマバエが多く、他にハダニアザミウマ、ハネカクシ類、ミヤコカブリダニがみられた。アブラムシ類の天敵としては、ショクガタマバエが最も多く、他にクサカゲロウ、テントウムシ類がみられた。共通の天敵としてハナカメムシ類がみられた。天敵誘引植物候補としてダイズを選抜した。ダイズではアザミウマ類とヨコバイ類の発生が多く、生育後半になってアブラムシ類が増加した。天敵ではハダニ類、アザミウマ類を捕食するカブリダニ類の発生が多く、他にハダニアザミウマ、ヒメハナカメムシ類、クサカゲロウがみられ、クサカゲロウはアブラムシ類が増加した後半に多くみられた。
研究分担病害虫部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160867
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat