IPM(総合的病害虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立、3)土着天敵を維持活用したカキ害虫の総合的管理技術の確立

IPM(総合的病害虫管理)に基づく減農薬防除体系の確立、3)土着天敵を維持活用したカキ害虫の総合的管理技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2009
概要目的:土着天敵を維持活用するためにフェロモン剤等を用いたカキ害虫の総合的管理技術を確立する。 成果:フジコナカイガラムシの性フェロモン剤を用いた交信撹乱効果による防除試験を2箇所の現地カキ園で実施した。平坦部のカキ園では交信撹乱による防除効果が認められたが、傾斜地のカキ園では防除効果が認められなかった。土着天敵の定着・保護を目的とし、天敵誘引植物の試験を場内で実施した。その結果、百日草、デイルでフジコナカイガラムシの寄生蜂に対し保護効果がある可能性が示唆された。
研究分担病害虫部
予算区分受託、(農林水産省)
業績(1)フジコナカイガラムシPlanococcus kraunhiae(Kuwana)(カメムシ目:コナカイガラムシ科)に対する性フェロモン成分による交換撹乱効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160868
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat