オリジナル品種の育成と栽培技術の確立、4)種間交雑等によるアジサイの品種育成、(2)商品化技術の確立

オリジナル品種の育成と栽培技術の確立、4)種間交雑等によるアジサイの品種育成、(2)商品化技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H18〜22
年度2009
概要目的:ヤマアジサイとハイドランジアの種間交雑により育成した「筑紫手鞠」、「桜手鞠」、「筑紫花恋」および「白手鞠」の大鉢(5号鉢)仕立て技術を確立する。また、ヤマアジサイとハイドランジアの種間交雑により育成した「福花13号」の小鉢(3号鉢)仕立て技術を確立する。、成果:挿し木時期および摘心方法(時期および回数)について検討した結果、5月に挿し木し、摘心を7〜8月に1〜2回行った苗を2株寄せ植えすることにより、花序数が20輪以上のボリュームのある鉢に仕上げることができた。また、「福花13号」について、促成期のわい化剤処理方法を検討した結果、7月下旬に挿し木した苗にパクロブトラゾール200ppm液を3月中旬に葉面散布することにより、コンパクトな草姿になることが明らかになった。
研究分担花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160904
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat