多様な需要に対応した新商品の開発、1)需要に対応した新商品開発、(1)鉢物リンドウ県内オリジナル品種の生産技術確立

多様な需要に対応した新商品の開発、1)需要に対応した新商品開発、(1)鉢物リンドウ県内オリジナル品種の生産技術確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:鉢物リンドウ県内オリジナル品種において繁殖・開花調節技術及び安定生産技術を確立する。、成果:高温遭遇時期及び日長が開花期に及ぼす影響について調査した結果、鉢物リンドウの開花は摘心時期と生育温度で決定され、日長の影響は無く、品種によって生育適温や高温遭遇の時期が開花時期に及ぼす影響も異なることが明らかとなった。
研究分担花き部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160908
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat