地域特産鶏の作出、1)新しい県産地どりの開発

地域特産鶏の作出、1)新しい県産地どりの開発

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜22
年度2009
概要目的:現行の「はかた地どり:G×WR」 の交配様式を変更し、生産農家で問題化している喧噪性の解消と、食味の向上を図り県産地どりの生産拡大に資する。、計画:(1)♂3種♀4種を用いた新たな交配様式の策定(2)新しい交雑鶏の呈味成分を向上させる専用飼料の探索、期待される成果:(1)温順で飼育容易な新交雑種が作出される。(2)肉の食味が向上し、県産地どりの販売競争力が強化される。、成果:(G×BP)×WRの交配様式において喧噪性の大幅減少、体重の増加、イノシン酸量増加が認められ、新交配様式としてこれを選定した。現行のはかた地どりに換えて22年度秋より販売開始予定。、残された問題:飼料への飼料用米配合と、飼料栄養値の変更の可否について継続試験中。 
研究分担家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160933
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat