イチジクの生産安定技術の確立、1)「とよみつひめ」の栽培技術の確立

イチジクの生産安定技術の確立、1)「とよみつひめ」の栽培技術の確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間完H19〜21
年度2009
概要目的:イチジク「とよみつひめ」の高品質生産技術を確立するため、樹齢の経過と収量や果実品質との関係について調べるとともに、マルチによる土壌水分管理、袋かけ栽培や新梢の誘引角度が収量や果実品質に及ぼす影響を検討する。 成果:樹齢が進むにつれて果実品質は良好となり、収量は4〜5年生で成園並みとなった。収穫期間中に土壌をマルチで被覆し、pF2.0で管理することにより、8月の糖度が高く、着色の優れた果実を生産できた。袋かけを行うことにより傷果の発生割合が低下し、また新梢を60°に誘引すると、90°の場合と比べ傷果発生割合が低下し、傷果抑制効果が認められた。
研究分担豊前分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160947
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat