機能性果樹台木の開発・利用、1)倍数性ブドウ台木の増殖・育苗技術確立

機能性果樹台木の開発・利用、1)倍数性ブドウ台木の増殖・育苗技術確立

県名福岡県
研究機関名福岡県農業総合試験場
課題種別試験研究課題
研究期間止H19〜21
年度2009
概要目的:「巨峰」等四倍体ブドウ品種の花ぶるい抑制、果実着色促進を目指して育成した四倍体ブドウ台木の繁殖特性、およびその四倍体台接ぎ木苗の効率的な育苗技術を開発する.、成果:四倍体台木に四倍体穂木品種を接ぎ木挿しする際には、IBA100ppmの24時間浸積処理や温床温度を25℃とすることで二倍体台木と同程度に活着率が向上した。、
研究分担果樹苗木分場
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030160979
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat