新たな需要に対応した高品質安定多収栽培技術の確立

新たな需要に対応した高品質安定多収栽培技術の確立

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新、H21〜23
年度2009
概要○目的、 新需要に応じた水稲高品質安定多収技術を確立する(主食用業務用米:収量650kg/10a,非食用業務用米:収量750kg/10a)。また、ビール麦の施肥法と生育診断技術を開発し、子実タンパク適正化技術を確立する。、、○成果、(1) 「天使の詩」を用いて、硫安単肥を用いた省力・低コスト施肥技術を行なった。台風害により登熟が劣ったが乾物重は重く、目標収量程度の収量は得られると考えられた。、(2) 密播短期苗(280g/箱、15日育苗)を検討した。慣行稚苗とほぼ同等の収量を得られ、省力技術の組み立てに使用出来ると判断した。箱数についても40%程度減少し、箱施薬剤の使用低減も可能である。、(3) ビール麦については、現在試験実施中である。
研究分担作物部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161081
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat