イチゴ健全種苗生産のための病害検査プログラムの構築

イチゴ健全種苗生産のための病害検査プログラムの構築

県名佐賀県
研究機関名佐賀県農業試験研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新、H21〜23
年度2009
概要○目的、 イチゴ健全株の安定供給体制を確立するため、無病徴株から炭疽病、萎黄病、疫病を高精度に検出するPCR法の実用性を検討し、本県の増殖施設で適用できる検査法を組み立てる。、○成果、(1) 炭疽病菌のPCR検定はエタノール検定に比べ検出精度が高く有効であるが、所要時間の短縮および低コスト化を図る必要がある。、(2) PCR検査等により炭疽病菌に感染していないことを確認した株を親株とし、ガラス室内で薬剤 体系散布を組み合わせて防除を行うことにより炭疽病の無感染苗の生産が可能と考えられる。
研究分担有機・環境農業部
予算区分受託(地方公共団体)
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161095
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat