天然資源活用によるブロイラーの疾病防除技術開発

天然資源活用によるブロイラーの疾病防除技術開発

県名佐賀県
研究機関名佐賀県畜産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継20〜22
年度2009
概要<目的>・国内でも散発している鶏病の発生や、鶏体の大型化に伴う脚弱症状等の疾病は生産性の低下を招いている。そこで、カルシウムを豊富に含む蛎殻や採卵鶏において免疫機能の向上が確認されたニンニクオイル混合飼料等の天然資源をブロイラー用飼料として活用した際の疾病防除効果について検討する。、<計画>・蛎殻を活用した脚弱症状軽減効果の検討。・ニンニクオイル混合飼料を活用した免疫機能の向上効果の検討。・有効な疾病防除技術の検討。、<期待される成果>・抗病性機能の向上による疾病防除対策 ・育成率向上による生産性向上 、<得られた成果>・蛎殻と有機酸混合飼料をブロイラー飼料として活用したところ、出荷体重に有意差は認められないものの有意差が認められる週齢もあり生産性は低下した。・血清中のカルシウム含量や脛骨、中足骨のカルシウム含量は増加していたが、破断強度の強化には至らなかった。、<残された問題点>・生産性の低下を補う添加剤の検討。
研究分担中小家畜部
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161152
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat