第2期魚介類種苗量産技術開発研究

第2期魚介類種苗量産技術開発研究

県名長崎県
研究機関名長崎県総合水産試験場
課題種別試験研究課題
研究期間継14〜22
年度2009
概要・栽培・養殖魚種の多様化と地域特性に応じた魚種(アカアマダイ・ホシガレイ等)の展 開を図るため、10万尾レベルの量産技術開発および種苗の質的向上を行う。 ・アカアマダイ:全長20-40mmの稚魚21,000 尾を生産した。(そのうち8,000尾は人工生産親魚からの採卵)、・ホシガレイ:全雌化試験を実施中。 、・マガキ:シングルシードで,人工種苗10万個、天然種苗17万個を生産した。 
研究分担魚類科、介藻類科
予算区分県単
業績(1)長崎県小長井町マガキ養殖漁場における付着生物、特にフジツボ類の出現状況について
(2)タテジマフジツボ及びサラサフジツボに対する食用油脂及び蜜蝋の付着防止効果
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161288
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat