水田の高度利用を可能とする飼料用米等の地域適応性と多収技術

水田の高度利用を可能とする飼料用米等の地域適応性と多収技術

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜H23
年度2009
概要目的:近年、食糧自給生産、耕作放棄地解消に向けた新規需要米の導入が始まっている。そこで、現在新規需要米として使用されている既存品種に比べ、更にに品質の向上や価格低減が期待でき、多収で様々な用途に活用できる品種を選定し、その安定栽培法・低コスト化を図る。、成果:北陸193号、ミズホチカラは既存品種に比べ極多収で米粉加工適性が優れた。北陸193号は、籾数過多でも登熟歩合の低下がないため、穂数の増加をねらいとした、早植、堆肥の施用で多収を実現、ミズホチカラは、1穂籾数を増加させすぎず、登熟歩合を向上させるため、早植、栽植密度を18.5株/m2で初期生育を確保し、高収を得ることができた。引き続き、年次変動の確認や、立毛乾燥方法等の検討を行う。、
研究分担農産園芸・作物
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161314
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat