酪農経営における生産性向上のための繁殖性の解明

酪農経営における生産性向上のための繁殖性の解明

県名熊本県
研究機関名熊本県農業研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H19〜H23
年度2009
概要目的:乳牛の発情兆候および行動発現について行動解析をもとに現状把握をおこなうとともに、従来の人工授精マニュアルから変化しつつあると思われる授精適期を解明する。 成果:現在行動調査を実施中。
研究分担畜産・大家畜
予算区分都道府県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161361
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat