水産物安全確保対策事業

水産物安全確保対策事業

県名熊本県
研究機関名熊本県水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間新H21〜25
年度2009
概要【 目的 】、県民の重要な食糧である県産の水産物を安全に提供するため、本県水産業が直面している細菌、貝毒等の食品衛生リスクを生産者に周知する。また、細菌数低減のための技術開発及び水産物の衛生現地指導を通して衛生管理レベルの向上を図り、本県産水産物による危害発生を未然に防ぎ、消費者の安全を確保しつつ水産業の経営安定に資することを目的とする。、【 成果 】、・ ELISA法と公定法を併用した麻痺性貝毒モニタリングを実施した。、・ ELISA法を利用した下痢性貝毒モニタリング手法を導入した。、・ 加工場の衛生管
研究分担食品科学研究部
予算区分一部国庫
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161447
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat