捕食性天敵を利用した施設野菜病害虫防除技術の確立

捕食性天敵を利用した施設野菜病害虫防除技術の確立

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H21〜23
年度2009
概要目的:夏秋栽培を中心とする本県の施設野菜での天敵防除技術確立するため、コナジラミ、アザミウマ類の多食性の捕食性天敵スワルスキーカブリダニを利用した防除体系を確立する。 期待される成果:スワルスキーカブリダニの防除効果が解明されるるとともに本種に影響のない薬剤が明らかとなる。これらの成果により、オオバ、夏秋ピーマンで捕食性天敵を利用した防除体系を確立し、特別栽培農産物栽培基準に活用する。 
研究分担病害虫
予算区分県単
業績(1)大分県沿岸域におけるリモートセンシング技術を用いた赤潮監視の試み
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161495
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat