環境負荷を少なくする「大分県施肥基準」の策定

環境負荷を少なくする「大分県施肥基準」の策定

県名大分県
研究機関名大分県農林水産研究センター
課題種別試験研究課題
研究期間継H20〜22
年度2009
概要目的:適切で効果的な施肥を円滑に実施するため、地力の評価、作物の養分吸収特性、土壌診断結果を加味した施肥基準を作成する。また、従来の診断法では評価しにくく、肥料コストの低減を図る必要のある、リン酸やカリの新たな抽出法やその適応性を評価し、診断基準に反映する。 期待される成果:新しい診断法を基にした、土壌の養分と作物(小ネギ、ニラ)の養分状態の関係が分かり、診断に反映でき、無駄な施肥や連作障害を防止し、生産性控除が図れる。
研究分担土壌肥料
予算区分県単
パーマリンクhttps://agriknowledge.affrc.go.jp/RN/3030161503
収録データベース研究課題データベース

研究課題アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat